「ほっ」と。キャンペーン

今週の作り置き☆

c0098234_2030351.jpg

日曜日は作り置き。仕事は予想以上にハードで、毎日くったくたです。先週は水曜日あたりでくじけそうになり、木曜日の夜からは謎の頭痛でした。久しぶりに脳を使ったためでしょうか。そんな毎日でも、お弁当も夕食も美味しくありたいものです。今週の作り置きは、ごぼうカレーと野菜たっぷりミートソース、など。こちらのごぼうカレーはかなりオススメ!子どもたちに人気です。ぐったりくたびれる木曜日の夕食用に冷凍保存。野菜たっぷりミートソースも冷凍保存。お肉やお魚のソテーにもピッタリ!冷凍庫にこれがある、と思えるだけで安心です。

c0098234_20303670.jpg

c0098234_20303735.jpg
先週は、こんなお弁当を持って、
c0098234_20303741.jpg
こんな朝ごはんを食べて、
c0098234_2030384.jpg
家族四人で7時03分に出発!保育園には毎日一番に到着(^^) 頑張ったのは、子どもたち。元気に保育園で遊んでくれました。風邪もひかずに、ありがとう。

今週も頑張るぞ〜!
c0098234_20303832.jpg

[PR]
# by makitaro8029 | 2013-04-21 20:12

週末の仕事

c0098234_15315989.jpg
c0098234_15322577.jpg
新年度スタート!3月末まで専業主婦だった生活から一変。サラリーマンの毎日が始まりました。育休明けは言い訳にならず、責任ある仕事をする立場になりました。仕方ない。サラリーマンだもの。7時20分には子どもたちを保育園に送り届けて、帰宅は6時半から7時ころ。そんな毎日でも、食卓は豊かにありたいという願いは変わりません。何よりも自分と家族の健康が第一。そのためには、食生活はおろそかには出来ません。そう、今こそ育休中の家事力アップの大研究が発揮される時です。手早く夕飯を整えるためにも、週末のたれや常備菜の作り置き、整理収納がかなめになります。この週末に作ったもの。

・茹でほうれん草(切ると痛みやすいため、長いままで冷蔵保存2~3日)
・茹でオクラ
・茹でスナップエンドウ
・オクラとスナップエンドウのだし浸し
かぼちゃのカレーマリネ
野菜の甘酢漬け
・ひじきと大豆の煮物
・カブの葉の混ぜご飯のもと
・コールスロー
・新玉ねぎのドレッシング漬け
・春人参のドレッシング漬けカレー風味
・たれ各種

これだけあれば、手早く夕飯も整います。全部作って2時間弱。我が家には必要な週末の仕事です。
c0098234_1527574.jpg
さあ、今週も働くぞ~!頑張るぞ~!
[PR]
# by makitaro8029 | 2013-04-07 15:34 | 整理収納

育休最終日

c0098234_1355192.jpg

今年は早くも桜が満開!長くて楽しかった育休ライフも、今日が最終日。長女の育休を終えて復帰した3年前は、すでに次女を妊娠していて、復帰後半年で産休。2年半の長い休みを取りました。楽しかったなぁ。ああ、私の人生にこんなに楽しい毎日が待っていたのか、って。子育ては楽ではないけれど、子どもを通して得たものは、全て人生の財産です。特に、長女出産以降に出逢った人々。ステキな人ばかり!また、長い休みのおかげで、昔お世話になった友人とも再びつながることが出来ました。こんなこともあんなことも、全て明日からの仕事に役立てそうです。いや、役立てます。
c0098234_1355213.jpg

c0098234_1355250.jpg
家の中のモノともじっくりと向き合い、整理収納もそれなりに出来てきました。かぞくのじかん
婦人之友
で学んだことを、これからの忙しい毎日に活かしていきたいものです。
さあ、明日から頑張るぞー!
c0098234_1355384.jpg

仕事が楽しくなるグッズも手作りして。
c0098234_1355328.jpg
おやつのフルーツタルトも手作りして。
[PR]
# by makitaro8029 | 2013-03-31 13:32

にくいなピラフ

c0098234_1319464.jpg

我が家の定番。にくいなピラフ☆ 以前にも紹介したことがありますが、もう一度。休日のランチや、忙しくって何にも作りたくない日のディナーや、おもてなしにもピッタリのピラフ。簡単手軽に出来るけど、栄養満点でおいしいよ♪

〈材料〉
米 2合

野菜 ( 玉ねぎ、にんじん、セロリ、ピーマン、プチトマト とか) 適当な量を

たんぱく質 ( 鶏肉、挽肉、ベーコン、ハム、シーフード など) どれかを適当な量で

サラダ油

水 360cc
コンソメ
塩、こしょう 少々

〈作り方〉
c0098234_13194750.jpg

c0098234_13194795.jpg

野菜は、角切りに。今回は半端に余っていたベーコンとハムを。たんぱく質は何でもオッケー。鶏肉なら野菜と同じくらいの角切りに。合挽き肉でも美味。
c0098234_1319489.jpg
ルクルーゼなどの厚手の鍋にサラダ油を引いて、ベーコン、ハムを炒める。
c0098234_13194840.jpg
鍋に米を投入。無洗米でなくても、米は洗わないで!透き通るくらいまで丁寧に炒める。
c0098234_13194948.jpg
野菜も投入。炒める。

c0098234_13194972.jpg
水、コンソメ(表示通り)、塩こしょうを入れ沸騰させる。あれば、コンソメではなく塩麹や醤油麹でも美味。今回は醤油麹で。
c0098234_13195057.jpg
c0098234_13195228.jpg

沸騰したら、フタをして中火で2分。
c0098234_13195235.jpg
弱火で9分。最後に強火で10秒。
c0098234_13195331.jpg
あれば鍋帽子をかぶせて、7分蒸らし。鍋帽子が無ければそのままで。
c0098234_13195361.jpg
出来上がり!

加熱と蒸らし時間が、2分→9分→7分なので、『にくいな』と呼んでいます。野菜や肉の量が変わっても、米と水は同量と覚えて!味付けもカレー粉を入れたり、ケチャップを加えたりでいろいろ楽しめます。フタがしっかりしまるタイプの鍋がオススメ。おいしく簡単な、にくいなピラフ。是非ためしてね!
[PR]
# by makitaro8029 | 2013-03-22 12:41

2013 兵庫の春

c0098234_15162046.jpg

兵庫の春と言えば、いかなご。この季節、道を歩けば何処からともなくいかなごの釘煮を炊く匂いがします。いかなごの佃煮。釘のように小さいので、釘煮と言うそうです。生姜と醤油とお砂糖の何とも食欲をそそる匂いがすると、兵庫にも春が来たことを知らせてくれます。みなさん、何キロも炊いてご近所や全国各地の友人知人に送られます。この季節には、どこのスーパーにも釘煮用のパックや山積みの生姜の特設コーナーが設けられ、鮮魚店にはいかなごを求めて早朝から長蛇の列(?)が出来ます。兵庫のオカンになった私も、昨年から釘煮デビュー。行きつけの鮮魚店で炊き方を詳しく聞いて、我が家の釘煮を炊いています。水飴を入れたり、みりんを入れたり、各家庭いろいろな作り方があるようですが、我が家のレシピを紹介します。
c0098234_15162160.jpg
いかなご1キロに、醤油250cc、ザラメ300g。厚手の鍋に(←厚手過ぎると、後で苦労する)、調味料とせん切りの生姜を入れる。沸騰させる。
c0098234_15162243.jpg
3回くらいに分けて、いかなごを投入。強火で20〜25分。
c0098234_15162261.jpg
さわりたくてもさわらないで、強火で。そのうちいかなごが隠れてきて、全体に調味料が回ったら中火から弱火に。鍋を返しながら、全体に絡めます。(←一人で調理のため画像なし)照りがつくまで煮詰めます。
c0098234_15162373.jpg
c0098234_15171576.jpg
出来上がったら、金ザルに上げて冷ます。出来上がり!とても簡単です。


東日本大震災から2年の鎮魂の昨日、炊きました。いかなごを炊いて、春の到来を喜べる日常に感謝して。決して忘れてはならない。私に出来ることを出来る範囲で続けます。
[PR]
# by makitaro8029 | 2013-03-12 14:44