「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

子連れドイツ旅行 その3

c0098234_10362222.jpg

旅行記三回目は、1泊で出かけたベルギーブリュッセル。ベルギー出発前に下の娘が熱を出し、デュッセルドルフに残留かなあ、と心配しましたが何とか持ち直しあこがれの地ブリュッセルへ!!こちらの写真は、ホテルの部屋から。グランプラス周辺です。ドイツに隣接しているけれど、全くドイツ語は通じずフランス語、英語圏のベルギー。英語が得意のバアバの出番でした。まあ、下のこの調子が悪いこともあり、私たちはあんまり出かけられなかったのですが。でも、ホテルの部屋からこんなに素敵な風景が眺められて、それだけで幸せでした。
c0098234_10441316.jpg

とは言え、せっかく来たのだから周辺のお散歩には出かけましたよ。ベルギーと言えば、ワッフル!有名な小便小僧のそばのワッフル屋さん2店舗はしっかりと押さえました。行列に並んで、ワッフル2枚をぺろりといただきました。個人的には1ユーロワッフルがおいしかったかな。
c0098234_10474628.jpg

そして、ベルギーと言えば忘れてならないのがもちろんビール!妹お勧めのこちらのレストラン「ラ・ローズ・ブランシュ」でいただきました。こちらは結構有名で、安部元総理も訪れたことがあるらしくサイン色紙が置いていありました。
c0098234_10541841.jpg

こちらのシェリービール。すご~~~~~くおいしかったです。今回の旅で一番おいしかったかな。いや、これまでの人生の中で最もおいしかったビールかも知れません。
c0098234_10555554.jpg

ビールはもちろんだけど、お食事も最高!ベルギーでは小エビのクリームコロッケが有名だそうです。ビールに合う少し濃い味付け。
c0098234_10585484.jpg

もちろん、ムール貝のワイン蒸しもいただきました。見た目よりもたくさん入っていて、十分な食べごたえ。
c0098234_1122090.jpg

王宮、王立美術館、楽器博物館、ビール博物館、行きたかったところには行けなかったけれど、こんな夜景を見たり撮ったり、おいしいものを食べたりビールを飲んだり・・・・・。とっても楽しいブリュッセルの旅でした。

そして、もう少し続きます。
どうか気長にお付き合いくださいませ。
[PR]
by makitaro8029 | 2012-01-27 11:08 | 旅行

子連れドイツ旅行 その2

c0098234_1021161.jpg
c0098234_1022166.jpg

デュッセルドルフでの朝ごはん。デュッセルドルフでもホテルに滞在しましたが、朝ごはんは妹の住む一人暮らしのアパートでいただきました。ドイツ人の食事は質素なものが多いようです。基本的に、朝はパンとコーヒー。昼は温かいもの(スープや煮込み料理など)、夜はまた火を使わない料理(サラダ、スモークサーモンやにしん、ハム、缶詰など)、というスタイルが多いようです。毎回、ここへ来るたびに思うのですが「ドイツのお母さん、食事の準備は楽やなあ」。まあ、その家庭にもよるのでしょうが。前回のドイツ旅行の朝ごはんはこんな感じでした。おいしい店を選んでくれた、ということもありますが、パンがとってもおいしい!
c0098234_109567.jpg

特に、このクロワッサンは私が知るクロワッサンの中でも最もおいしいと思います。パリのポールのクロワッサンよりも!「ああ、このクロワッサンももう食べれんなあ」と思いながら、かみしめていただいてきましたよ。ヒマワリの種やかぼちゃの種のたくさんついたライ麦パンも絶品。日本で買ったらびっくりするほど高いのに、これらのパンがどれも100円以下で買えるのも嬉しいです。味を忘れないうちに再現しないとなあ。
c0098234_1014178.jpg

パンのお共におススメが、こちらのイチジクの辛子。スモークサーモンなどのお魚に付けていただきます。あんまり辛くなくっておいしい。お土産にも買って帰る予定でしたが、この後子どもたちが熱を出し、ホテルに缶詰めに。買いものなんか出来ないし、写真もあんまり撮れなくってひたすら看病の旅でした。

でも、旅の様子はまだまだ続きます。
気長にお付き合いください。また、更新しますから。

c0098234_14515950.gif参加してます。クリックよろしくお願いします。応援お願いします!!



こちらもよろしく!おいしい贈り物 レシピ館

[PR]
by makitaro8029 | 2012-01-17 10:21 | 旅行

子連れドイツ旅行 その1

年末年始はドイツで過ごしました。冬のドイツは今回で3回目。前回のドイツの様子はこちら。 これまでの旅行と違うのは、子ども2人を連れて行ったこと。そして今回は、夫の両親も誘いました。長くドイツで暮らしていた妹が、来月本帰国することになり、妹を訪ねてみんなで出かけました。はじめに結論を言うと、やっぱり赤ちゃん連れのヨーロッパ旅行はちょっときついかな。フライト時間も長く、時差もあり特に下の子には負担が大きかったと思います。時間の長かったフライトについて。行きは12時間くらいでした。ちなみに今回は、成田からJALを利用。いつもなら映画を見たり、本を何冊か読んだりして過ごすのですが、赤ちゃん連れにはそんなことはできません。だって彼女の席は、私の膝の上なんですもの!その代わりに、赤ちゃん用バシネット(ベビーベッド)を利用しました。
c0098234_1353921.jpg

↑↑こちらがバシネット。離陸して水平飛行になると、客室乗務員が準備してくれます。もちろん事前の予約が必要。でも、こんなちっちゃいベッドにうちの子が寝るわけない!きっと12時間泣きとおすに違いない!と、覚悟を決めて乗り込んだのですが、奇跡的に寝てくれました。飛行機の微振動が眠りを誘ったようです。こんな風に↓↓
c0098234_139102.jpg

お隣も3人兄弟の赤ちゃん連れ、5人家族のみなさんでした。なんと!帰りも同じ並びだったのです。二人が寝てる姿はとっても可愛くって、何枚も写真を撮りました♪
c0098234_13112236.jpg

行きのベビーミールはこちら↑↑。狭い機内で膝の上に載せて食べさせるのはなかなか大変でしたが、おいしそうに食べていました。
c0098234_1315772.jpg
上の子のチャイルドミールはこちら↑↑。グラタンとスパゲッティとハンバーグとおやつ。子どもの喜びそうなものばかり!
c0098234_1319039.jpg

ちなみに大人の機内食はこちら↑↑。まあまあおいしかったです。
ぬり絵やクレヨンや絵本など、子どもの遊べそうなものをたっぷり持ち込んだこともあって、どうにかこうにか12時間のフライトを乗り越えることが出来ました。やっぱり日本の航空会社のサービスは一流。細やかな配慮をしていただきました。日本時間の深夜1時くらいに到着した、ドイツ・フランクフルトは午後3時ころ。何よりもねぇ、時差が大変な旅の始りです。



c0098234_14515950.gif参加してます。クリックよろしくお願いします。応援お願いします!!



こちらもよろしく!おいしい贈り物 レシピ館

[PR]
by makitaro8029 | 2012-01-08 13:26 | 旅行