「ほっ」と。キャンペーン

子連れドイツ旅行 その1

年末年始はドイツで過ごしました。冬のドイツは今回で3回目。前回のドイツの様子はこちら。 これまでの旅行と違うのは、子ども2人を連れて行ったこと。そして今回は、夫の両親も誘いました。長くドイツで暮らしていた妹が、来月本帰国することになり、妹を訪ねてみんなで出かけました。はじめに結論を言うと、やっぱり赤ちゃん連れのヨーロッパ旅行はちょっときついかな。フライト時間も長く、時差もあり特に下の子には負担が大きかったと思います。時間の長かったフライトについて。行きは12時間くらいでした。ちなみに今回は、成田からJALを利用。いつもなら映画を見たり、本を何冊か読んだりして過ごすのですが、赤ちゃん連れにはそんなことはできません。だって彼女の席は、私の膝の上なんですもの!その代わりに、赤ちゃん用バシネット(ベビーベッド)を利用しました。
c0098234_1353921.jpg

↑↑こちらがバシネット。離陸して水平飛行になると、客室乗務員が準備してくれます。もちろん事前の予約が必要。でも、こんなちっちゃいベッドにうちの子が寝るわけない!きっと12時間泣きとおすに違いない!と、覚悟を決めて乗り込んだのですが、奇跡的に寝てくれました。飛行機の微振動が眠りを誘ったようです。こんな風に↓↓
c0098234_139102.jpg

お隣も3人兄弟の赤ちゃん連れ、5人家族のみなさんでした。なんと!帰りも同じ並びだったのです。二人が寝てる姿はとっても可愛くって、何枚も写真を撮りました♪
c0098234_13112236.jpg

行きのベビーミールはこちら↑↑。狭い機内で膝の上に載せて食べさせるのはなかなか大変でしたが、おいしそうに食べていました。
c0098234_1315772.jpg
上の子のチャイルドミールはこちら↑↑。グラタンとスパゲッティとハンバーグとおやつ。子どもの喜びそうなものばかり!
c0098234_1319039.jpg

ちなみに大人の機内食はこちら↑↑。まあまあおいしかったです。
ぬり絵やクレヨンや絵本など、子どもの遊べそうなものをたっぷり持ち込んだこともあって、どうにかこうにか12時間のフライトを乗り越えることが出来ました。やっぱり日本の航空会社のサービスは一流。細やかな配慮をしていただきました。日本時間の深夜1時くらいに到着した、ドイツ・フランクフルトは午後3時ころ。何よりもねぇ、時差が大変な旅の始りです。



c0098234_14515950.gif参加してます。クリックよろしくお願いします。応援お願いします!!



こちらもよろしく!おいしい贈り物 レシピ館

[PR]
by makitaro8029 | 2012-01-08 13:26 | 旅行
<< 子連れドイツ旅行 その2 2011 クリスマス☆ >>